耳鳴りの治し方│蜂の子は耳鳴りの漢方薬サプリ

耳鳴りに効くサプリ

耳鳴りの原因と対策

耳鳴りが鳴り止まない原因は、なんだかご存知ですか?

すぐに治る耳鳴りは、一時的なもので若い人でもなることがあります。突発性難聴はストレスからくるものが多く、しばらくするとすぐに治ることもあります。

ですが、もしあなたが30代以上なら、加齢による耳鳴りを疑ったほうが良いです。加齢による耳鳴りは、聴力機能が低下してることによるものです。

ただし耳鳴りの原因は血流の低下や低血圧など体内環境に寄るところが多いようです。まずは耳鼻科で病気がないか、確認してもらいましょう。

今すぐに耳鳴りを治す方法

耳鳴りが酷くてすぐに治したい場合にはどんな方法があるのでしょうか?

お医者様ではないので民間療法にはなりますが、その治し方を調べてみましたので参考にして下さい。こちらはあくまでも「言い伝え」や「口コミ」などに載っていた民間療法ですので自己責任で行うようにし、自分で耳鳴りの程度に違和感がある場合にはお医者さんへ行くことを優先してください。

今がつらい!すぐに耳鳴りを治したい。そんな時に試してみる方法

血流の悪化や冷えなどによると思われる場合は首筋を暖めてみる。

低血圧や血管の滞りにより充分に脳に酸素が行き届いてない場合耳鳴りが起こることがあります。

血行を良くするため首筋の太い血管やリンパ管を温めてみましょう。暖める方法としてはペットボトルに50度くらいのぬるま湯を入れタオルでくるんで当てたり、温湿布や簡易カイロなどを当てるなどやけどしないように温めましょう。

脳に血液が行き渡るよう横になる。頭を低くしてみる。

やはり脳貧血気味の場合は頭に血がめぐるよう、枕をせずに横になってみましょう。首やこめかみを軽くマッサージしてみましょう。

ドクンドクンと鼓動を感じ、血圧の高そうな場合

逆に高血圧や動悸が激しい場合には深呼吸をして脈拍を落ち着けてみましょう。4秒で思い切り息を吸って4秒とめて7秒かけて全部出し切る ゆっくりと深呼吸してみましょう。

耳鼻科のお医者さまに薬を出してもらったけど治らない

耳鳴りの治し方

耳鳴りの症状でお医者さんに行くと、お医者さんは予想される病名をつけることになりますが、それが突発性難聴だったり、メニエール病だったり、急性感音難聴だったりします。

耳の病気が原因ならばお薬で改善する場合も多いのですが、加齢により、脳の血行が悪くなったり神経が疲れたりして音声信号を不快な音にしてしまう場合、根本的に原因を除去しなければ対症療法に過ぎません。

耳鳴りの原因は解明されていませんし、個人差があるので治療も困難です。

治療の一番の困難さは、どこかが医学的に「病気」だから耳鳴りがするのではなく、脳が良かれと思って行う、自己調整によるものだからです。

一時的に収まらず、耳鳴りが続く原因は?

耳鳴りの治し方

耳の中にある蝸牛(かぎゅう)が音の振動をキャッチして電気信号に変え、脳の視床に伝えることで音声は「聴こえ」ます。

加齢により血行が悪くなったり、機能が低下して、その音信号をうまくキャッチして音声に変えられないために、脳は修正反応として時に特定の音波の感度をあげてしまったり、ノイズとして捉えてしまい、あの不快なキーンという音に変換してしまうのです。

補聴器で耳鳴りが治ると聞きました。

補聴器

補聴器で治る場合もあります。補聴器を作る場合は、補聴器相談医のいる病院で紹介してもらった補聴器で、細かな調整をしてもらい、購入したり貸し出ししてもらったりします。

ただし、通常の補聴器では、細かな調節ができずただ「全ての音」を大きくするだけですので、そのままでは耳鳴りが増幅するだけになってしまいます。ご本人の低音・高音の聴力に合わせてセミオーダーで作らなければいけません。作れば高額になること、つけてみるまでわからないこと、本来の耳鳴りを止める根本的な治療にはならないことが挙げられます。

また、普通の音も聴こえる方が補聴器を付けるのは、聴力の向上になりませんので、耳に機械をつけ続けることを考えると、耳鳴りが続く方に向けて余りおすすめの方法では無いと言えるのではないでしょうか?

不快な耳鳴りが続くと合併症も出てくる

いろいろ医学的な方法を試しても、治らない耳鳴りはやっかいな副作用を引き起こします。放っておくと悪化したり、最悪そのまま難聴へ進んでしまうこともありますし、なにしろあのキーンとかピーとかいう音は不快極まりないですので、ご本人には相当なストレスになります。

仕事や趣味に響いてしまったり、気になって外出を控えるようになったり、時にはうつ病を発症してしまう方も居ます。

耳垢のせいだと思い耳掻きをしすぎて、外耳や内耳、鼓膜を傷つけてしまったりする方も。

自分の耳鳴りに気がついてない方もいる現実

耳鳴り

耳鳴りの音には個人差や種類があり、もちろん他人には確かめるすべもありません。一般に耳鳴り音として多く言われているキーンと言う音の他にも、いろいろ種類があるようです。

  • 換気扇が回っているようなブーン・・・という連続音
  • ジンジンジンジン・・・というセミのような音
  • ゴー・・・という風のような音
  • 隣の家のオーディオ音や、メロディのように聞こえる音
  • ピーーーーというTVの終了後のような音

ご本人が口で言える範囲でしかわからないのが厄介ですが、耳鳴りの音は、個人個人でだいぶ違うようですね。 

どうすれば耳鳴りが改善するのでしょうか

脳が誤認して自己調整で嫌な音に変換している事を考えると、脳が正常な反応をするように、隠れた原因を改善して、誤認しないようにしてあげればよいのです。 まずは血行を良くして、脳に栄養がきちんと行き届くよう、改善していきましょう。

耳鳴りに悩む方におすすめとしては、蜂の子のサプリが挙げられます。

蜂の子サプリ

珍しく、特に耳鳴りに特化したサプリメントとして、「低分子 明澄蜂の子」という商品があります。

珍味としてハチの子が食用にされることを聞いたことがあるかと思いますが、慣れていない方にとって、蜂の子をそのまま食べるのは抵抗がありますよね。 私も食べたことがないので、多分そのまま出てきたらちょっと厳しいかもしれません。(笑)

蜂の子の効能、効果は?

医薬品ではありませんので、効能・効果をはっきりと書くことは出来ません。ですが、ローヤルゼリーを思い浮かべて頂ければよろしいかと思います。ローヤルゼリーが体に良いことは、全世界共通の一般認識ですね。

巣の中でローヤルゼリーをたっぷり食べ、栄養価が一番高い21日目の蜂の子を特許製法で低分子化(つまりそのまま食べるよりも吸収が格段にアップ)し、摂取しやすいサプリメントにしてあります。

さらに、DHAとEPAをブレンドしてありますので、健康を増進し、脳の働きを助けます。

DHA:ドコサヘキサエン酸とは⇒wiki 魚に多く含まれる栄養素。健康増進効果があるとされています。1日1gの摂取が望ましい。 唯一、脳関門を突破できる必須脂肪酸である。アルツハイマーや心臓病、うつ病などにも良いと言われている。

EPA:エイコサペンタエン酸⇒wiki オメガ3脂肪酸。医療用医薬品としては閉塞性動脈硬化症、高脂血症治療薬である。 基礎研究で脂質代謝、血液凝固異常の改善が認められた。認知症の認知機能の改善報告も。

蜂の子サプリメントで耳鳴りが治るか

このようなサプリメントは、継続することで体質を改善していきますので、特効薬ではありませんが、DHAやオメガ3が配合されていて耳鳴りだけではなく高血圧や認知症予防にも効果が期待できるかもしれません。

こういった、ある症状に特化した商品でリピート率90%というのは信用度も高いですし、2~3週間で実感された方もいるようです。

今なら、30日分が実質無料で始められますので、試してみてはいかがでしょうか?

低分子 明澄蜂の子サプリを見てみる
耳鳴りに効くサプリ